くせ毛に悩む人必見!元美容師が伝授する解決法

髪の収まりがなかなかつかないくせ毛は、女性にとってすごく邪魔な存在ですよね?そんな人は正しいくせ毛のヘアケアができていないかもしれせん。

というのも普通の人よりも、あることを意識する必要があるから。つまりポイントをおさえてしっかりケアすれば、くせ毛で悩む必要がなくなります。

その方法を紹介するのでやってみてくださいね。

くせ毛の原因について

髪の毛がうねってどうやってもうまくまとまらない…。そんな人こそ原因を知ることで解消することもあります。

なぜならくせ毛の原因というのは、意外に単純だったりするからです。つまりポイントをおさえることで簡単に解消できるので、頭に入れておいてくださいね。

遺伝でくせ毛になる

生まれつきくせ毛の人は遺伝によるくせ毛の可能性大!ということは、くせ毛を治すことができないのかといえば、すべてがそうではありません。

それは遺伝によるくせ毛は、毛穴のゆがみが問題だから。このゆがみ具合によってくせ毛がひどくうねるかどうかも変わってきます。

しかし毛穴をどうにかできるわけでありません。ではどうすればくせ毛を解消できるのか?

それは少しでも毛穴の汚れを取るだけでも解消できるんです。詳しくは以下で紹介しますね。

頭皮の状態が悪くなってくせ毛になる

くせ毛でなく直毛だった人が、急にくせ毛になって困るという話を耳にしないでしょうか?

もしそんな人を見かけたら頭皮の状態を疑いましょう。というのも、髪の毛が生えてくるのは毛穴からですよね?

もし毛穴が汚れなどで塞がれていたら、先ほどの遺伝による原因と同じようにくせ毛になってしまいます。

なぜなら頭皮のつまりで塞がれた悪条件で、髪の毛が生えてくるから。つまり無理やり狭い毛穴から生えようとするので、髪の毛がうねってしまうわけです。

これを解消するためにはしっかり頭皮の汚れを落とすこと。要するにシャンプーも重要になってきます。

また遺伝によるくせ毛の人も頭皮の状態がよくなると、くせ毛が解消されることもあるので、実践してみましょう。

ところがシャンプーもしっかりしているのに、くせ毛に悩んでいるという人もいることでしょう。

そんな人は体調がすぐれていないことで、ホルモンバランスが乱れて毛穴から通常よりも多くの皮脂が出ている可能性があります。

生活環境を見直しつつシャンプーで、毛穴の状態をよくしてあげましょう。もちろん洗いすぎは禁物。バランスよく保湿することも重要になります。

髪の傷みがひどくてくせ毛に

毛穴の状態が悪いことでくせ毛になることがほとんどですが、くせ毛の人が施術などをしすぎるとさらにくせ毛がひどくなることもよくあります。

というのも、くせ毛の人は乾燥気味になっているからです。それではなぜ乾燥気味になってしまうのでしょうか?

これを知るには髪の毛の構造を知る必要があります。髪の毛には簡単にいうと3つの構造になっているんです。

その3つとは外側から「キューティクル」「コルテックス」「メデュラ」。そしてくせ毛の人は髪の毛がうねっているのが原因で、内側にあるコルテックスが不均等になっています。

つまりコルテックスが少なくなっているところから、髪の毛の中の水分が出ていってしまいやすく、直毛の人より乾燥気味になっているわけです。

さらにその影響で髪がうねってしまい、髪の毛も痛むことになります。これを防ぐにはトリートメントで保湿することが大切です。

くせ毛を治す方法

くせ毛の原因を知ったうえで今から紹介する方法を実践すれば、少しでもくせ毛が解消します。

それにはどの方法をするにしても、まず髪の毛の保湿を忘れないように心がけましょう。髪の毛が乾燥しているとくせ毛がひどくなりますよ。

頭皮の状態を徹底的にきれいにしてくせ毛をなおす

くせ毛の原因は髪の毛が生えてくる毛穴の状態が悪くなっているから。この毛穴をきれいにすることが重要で髪の毛がフンワリします。

くせ毛の人は髪型のバランスが横広がりにならないでしょうか?これは毛穴の状態が悪いことで、髪の毛がペッタンコになっている可能性もあります。

これを解消することで髪がフンワリし、縦と横のバランスがよくなるんです。くせ毛の人の髪型が決まらないという悩みは、これが大きく関係しています。

それだけでありません。毛穴の状態がよくなることで、次に生えてくる髪の毛が無理に生えなくていいので、うねりにくくなるわけです。

1カ月に髪の毛が伸びるのは1㎝。つまり1週間でも3mm弱は髪の毛が伸びます。それだけ伸びたら根元がうねるにくくなっているので、さらにフンワリしますよ。

正しいストレートアイロンの使い方でくせ毛をなおす

先ほど紹介した方法は、時間がかかってしまいなかなか効果を実感しにくいかもしれません。

すぐにくせ毛を解消したい人は、ストレートアイロンがおすすめ。しかし普通に使っていたら逆効果になってしまいます。

というのも、ヘアアイロンは熱によって髪の毛をまっすぐにするから。逆に髪の毛が傷んでくせ毛を悪化してしまうわけです。

ではどのようにして、ストレートアイロンを使えばいいのでしょうか?それは「アウトバスタイプのトリートメントを一緒に使うこと」、さらに「アイロンの温度を下げること」。

これをすればくせ毛が徐々によくなりますよ。そもそも毛先がうねっている原因は、保湿が十分にできていないからです。

まずこれを解消してくれるのが、アウトバスタイプのトリートメント。洗い流さなくていいので、保湿力が全然違うんです。

しかしアイロンの温度が高いとすぐに水分がとんでしまい、効果をなくしてしまいます。保湿成分がなくなって外側のバリアだけ残る感じです。

ところがちょうどいい温度設定にしてあげると熱によってキューティクルが開き、中までトリートメント成分が入ってくれます。

そのちょうどいい温度とは、大体170度以下にするのが理想です。しかしくせ毛が強く出ている人は様子を見ながら180度以下にしてみましょう。

ただし温度を低くすることがポイントです。くせが伸びるのなら、なるべく低い温度でアイロンを使いましょう。

ストレートパーマをたまにかけてくせ毛をなおす

ずっとストレートアイロンを使っていると、いくら温度を下げているからといっても、どうしても髪が傷んでしまいます。

髪の傷みはくせ毛を悪化させてしまいますよね?少しでも髪の毛の痛みをおさえるには、美容室でたまにストレートパーマをかけてもらいましょう。

そうすることでしばらくは髪の毛がまっすぐになることから、自分でアイロンをつかわなくてよくなります。

もちろんトリートメントを吸収させるためにアイロンを使うのはいいことなので、温度をかなり下げて使いましょう。

さらに髪の毛の状態がよくなっておすすめです。これはストレートパーマをかけているからこそできるので、おり交ぜて使いましょう。

くせ毛の人がうねりを直したいときのトリートメントはコレ

ストレートアイロンを使うことで、髪の毛のうねりが解消することを先ほど紹介しましたが、そのときにおすすめのトリートメントを紹介します。

このトリートメントを選ぶときにもポイントがあります。それを頭に入れてトリートメントを選んでくださいね。

しっかり保湿できるアウトバスタイプでうねりを直す

トリートメントといってもアイロンを使うことで、うねる髪をまっすぐにできることからアウトバスタイプと相性抜群。アイロンを使わない人でも保湿力が全然違います。

しかしどのアウトバスタイプでもいいわけではありません。相性が悪いものを使うとベタベタになることもあり、きれいにまっすぐできなくなります。

なるべく保湿成分が入っている、膜になりにくいサラサラのタイプを選びましょう。

アミノ酸が配合されているとくせ毛がなおる

髪の毛の材料はアミノ酸であるたんぱく質。とくにくせ毛の人はアミノ酸の一種であるケラチンが不足気味になります。

これを補う意味でもアミノ酸がたくさん配合されている、トリートメントを選びましょう。

保湿効果も高いですが、くせ毛のうねりを解消するポイントになります。

くせ毛におすすめのリシリッチ

今までおすすめした特徴をすべてかね揃えているトリートメントが、このリシリッチ。アミノ酸のケラチンが配合されつつ、アイロンの熱を利用して補修効果を高めてくれます。

それを可能にしているのが「y-ドコサラクトン」。熱による痛みを防いでくれる効果がある成分です。

この成分のすごいところは、さらに髪の毛の補修効果があるところ。アイロンの熱を使うことでくせ毛のうねりなどにも効果的です。

その上アルガンオイルも配合されているので、さらに熱の痛みから守ってくれます。ヒアルロン酸も入っているので保湿力も抜群。くせ毛の人に、うってつけですよ。

くせ毛の人におすすめの美容室のトリートメントはコレ

アイロンを持っていない人や使いたくないような人は、美容室のトリートメントを使って保湿しましょう。

今回はくせ毛の特徴と相性がいいトリートメントを紹介するので、使ってみてくださいね。

くせ毛の人におすすめなのがエイジングケア商品

ここ最近よく耳にする言葉。それが「エイジングケア」ですよね。

簡単にいうと若返りという意味で化粧品でもよく使われます。まだ私は若いのに!と思うかもしれませんが、くせ毛に関していえばエイジングケア商品は相性抜群。

というのも直毛の人に比べて痛みが出やすいのが、くせ毛の特徴です。つまり傷みが老化だと思えば、エイジングケア商品と相性がいいことがわかりますよね。

しかし市販のものはあまりおすすめできません。それはいい成分があまり少ないことから、くせ毛の人には効果を出しにくいわけです。

しかし美容室のエイジングケア商品は、成分がたくさん入っていることでくせ毛の人でも十分おすすめできます。

くせ毛におすすめ:プラーミア エナジメント トリートメントM

美容業界最大手のミルボンが出しているトリートメントはおすすめ。その中でもプラーミアはエイジングケアシリーズとして、たくさんの種類があります。

プラーミアシリーズで共通して入っている成分が、「加水分解ダイズエキス」。抗酸化力が強い成分です。

髪の毛は弱酸性ですが、それは成分の話。元の成分が酸化によって別の成分になってしまうと髪にも悪影響を起こします。つまり髪が痛むわけです。

この成分によってそれを防いで、サラサラの髪にしてくれます。

さらに、このプラーミアのトリートメントには「ライス18-MEA」が入っており、髪の毛内部の乾燥を防いでくれるんです。

くせ毛になる原因は乾燥することでしたよね?根本的にこれを防いでくれるので効果抜群です。

そのうえこのプラーミアシリーズのシャンプーは、しっかりと頭皮の汚れを落としてくれるので、くせ毛の人は使ってみてください。

要するにこのトリートメントと、シャンプー両方使うことが1番の理想です。予算があるときに揃えてみましょう。

くせ毛の人におすすめのオイルはコレ

髪の傷みをいかに抑えるかが、くせ毛を解消するポイントになります。

洗い流さないトリートメントはアイロンのために使うものと考えると、その後にオイルを使ってコーティングするとさらに効果的です。

しかしオイルといってもたくさん種類がありますが、どのようなものがいいのでしょうか?具体的に紹介するので参考にしてくださいね。

くせ毛のポイントはベタつかないかどうかが重要

オイルとは名前のとおり油のことですよね?どうしても髪の毛がベタつきやすいのが特徴でもあります。

今流行っている髪を見たらわかるように、なるべく自然に見せることがポイント。つまりベタつかないオイルがおすすめです。

そこで重要になってくるのが自然由来のオイルかどうか。というのも自然由来のものは、人間の皮脂に使い成分でできていることが多いんです。

要するに人間の皮脂に近いオイルだと髪の毛が吸収しやすくなり、オイルをつけてもサラサラになります。

くせ毛におすすめのオイル

人間の皮脂に近い成分でできているオイルといえば「ホホバオイル」。しかしおすすめしているのはそれだけではありません。

ホホバオイルの大きな特徴は、「ワックスエステル」といわれる成分が入っています。この成分が入っているおかげで、髪の毛以外の部分にも浸透しやすいんです。

ということは髪の毛が乾燥しやすいくせ毛の人には相性抜群。保湿とコーティング両方の効果を味わえます。

くせ毛を解消するために、さまざまな保湿でうねる髪をおさえてくださいね。